顔に出来てしまうたるみの原因とは?【若返り効果のある施術で改善】

種類がある

頬を触る人

色々とある種類

実は、顔のたるみに種類があります。それぞれ特徴が異なるのでご紹介します。
まずは、「真皮老化たるみ」です。これは、肌の弾力を生み出す真皮層に老化が起こることが原因です。真皮層には弾性繊維というものがあります。これは、ゴムのような役割をしているので老化してしまうと、ゴムが伸びきった状態になって肌を内側から支えられなくなり顔にたるみが起こってしまいます。
乾燥肌の方に多い「乾燥たるみ」は、肌の表面が乾燥していることで真皮層に水分が無くなって保湿力を保てない状態になります。これは、真皮層に必要なヒアルロン酸が少なくなることでたるみが起こります。
脂肪による「痩せ&太りたるみ」は、急に太ったり痩せたりすることで皮膚が伸びてしまってたるみが起こります。脂肪が多い方や無理なダイエットを行なっている方に多い顔のたるみの原因でしょう。
表情筋の働きが低下している「無表情たるみ」は、顔の筋肉を使わないことで筋力が低下していることが原因です。筋力を使わなければ皮膚を支える力が無くなるので顔がたるんでしまいます。
最後は「うつむきたるみ」です。これは、姿勢が悪いことや癖などによって起こるたるみです。特にスマホなどをよく見る方はうつむく体勢が多いので、顎などにたるみが起こりやすくなります。

自分はどのタイプか

上記に書いた通り、顔にできるたるみの種類は沢山あります。自分がどのタイプなのかを把握して、どんな美容整形やケアを行なえばいいかを知りましょう。そうすることで、今まで悩みだった顔のたるみを改善することができてすっきりとした顔のラインを作れるようになります。

To Top