不動産投資とは

不動産投資とは、その言葉が示すように不動産に投資をして利益を得るのが目的です。すなわち、不動産物件を購入し、それを賃貸で人に貸すことで賃料収入を得て、購入にかかった住宅ローン費用を回収しつつ、なおかつ収入と返済との差額の利益を確保することです。なお、賃貸収入のほかに、その物件が値上がりした場合、その物件を売却することで借入金との差額の利益も確保します。ちなみに専門用語で言いますと、賃料収入はインカムゲイン、売却で得る利益をキャピタルゲインです。

以前のバブル経済の時には不動産は必ず値上がりするという不動産神話が流行りましたが、現在の不動産投資は短期的なものではなく、毎月安定的に得られる賃料収入を期待する長期的な不動産投資になっています。つまり、一攫千金的な不動産投資ではなく、堅実な考え方に基づいた不動産投資になっています。
具体的な不動産投資で多いのは、マンションなどの物件を銀行からの住宅ローンで購入し、妥当な賃貸料で人に貸して毎月の賃料からローンの返済をするタイプで、さらにタイミング次第で、その物件を売却するというものです。したがって、その規模はそれほど大きくはなく、長期的な視野からの投資になる点がほかの株式投資やFXあるいは商品取引とは根本的に異なります。特にサラリーマンの副業として、上述のような不動産投資はリスクが比較的少ないため、最近ではこのような不動産投資を考える人が増えています。

当コラムでは、副業としての不動産投資を中心にそのメリットやほかの投資との比較を説明することにします。